I Love Philippines / アイ・ラブ・フィリピン フィリピン総合情報サイト

『フィリピンの"知りたい"情報が全てここにある』 をコンセプトに、フィリピンの情報を発信するフィリピン総合情報サイトです。

HFKpWJUcIxmv_fP1375770678_1375771587.jpg
H8KDvr9Mtll1agw1377927207_1377927708.png

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンの『ビガン』とは?

スペイン統治時代の街並みが残る古都」ビガン!!

16世紀にスペインの植民地として築かれた港町です。
世界遺産にも指定されており、スペイン情緒あふれる 町並みは「ビガン歴史地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。

南シナ海に面するビガンは古くから中国との貿易が盛んで、中国の陶磁器を山岳民が掘った金銀とや鹿皮などと取引をしていました。建物もヨーロッパと中国の建築様式が融合した独特のもので、一階部分は西洋風の石造りで、二階部分はカピス貝を使った障子がはめ込まれた木造作りになっています。

第二次世界大戦でフィリピン各地の古い町が焼かれたにもかかわらず、ビガンだけは、焼かれずにすみました。





クリソロゴ通り


この通りは観光指定地区で、人とカレッサ(馬車)以外は通れないことになっています。
数百メートルの通りには、お土産屋がずらりと並び、ビガン名物の手織りの布地や小物入れなど、色々な物が売られており、観光客で賑わっており、最近では古い家が改装されホテルなどにもなっています。


サルセド広場

市内にある一番大きな広場で、ビガンに一番最初にやってきたスペイン人隊長「ファン・デ・サルセド」の名前がつけられた広場です。クリソロゴ通りからは約5分くらいです。


セント・ポール大聖堂

サルセド広場のそばにある大聖堂。フィリピンで最初の布教活動を行ったアウグスティノ会修道士によって建てられたといわれております。古くから中国の影響があったためか、敷地内には狛犬4匹配置されています。


交通

マニラから車で約9~10時間掛かります。
マニラから飛行機で、ラワグまで1時間、ラワグからビガンまでは車で約2時間です。


以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

記事:Bonifacio

※記事の内容に、誤りや変更がありました場合には、コメント欄よりご連絡ください。

ランキング banner (1)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング  
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!
スポンサーサイト

| ラワグ・ビガン | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンの『バナウエ』とは?

「天国への階段」バナウエ!!

世界遺産にも認定されているバナウエのライステラス。
山岳地帯に住むイフガオ族が急傾斜を開墾して作り上げ、維持してきたライステラス(棚田)は彼らの血と汗の結晶です。

その姿は「天国への階段」と称され、すべての棚田を平にのばすと、地球半周分の2万kmにも及ぶ長さになるとも言われ、最高峰は2000メートルにも及びます。

2001年には危機遺産に登録されましたが、2012年には危機遺産から除外されています。

そんな世界遺産でトレッキングが楽しめるバナウエの紹介です。

バナウエ


バナウエ・ビューポイント


バナウエから北へ約4kmの所にある。目の前に広がるコルディレア山脈の斜面に、広大なライステラスが荘厳な光景として広がっています。

旧紙幣の1,000ペソ、現紙幣の20ペソ札のデザインにも採用されています。


タムアン村

バナウエ・ホテルの脇を通り10分ほど階段を登っていった所にあり、昔からの伝統的なライフスタイルを続けているイフガオ族の村です。


バタッド・ライステラス

バナウエの東、約16kmの所にある、バタット村を取り囲むすり鉢型のライステラス。ここから2時間ほどのトレッキングでタッピヤ滝に行くこともできます。


交通

現状陸路での移動しかなく、マニラから車で約9時間掛かります。
バスに関しては、かなり冷房が効いています。毛布持参のフィリピンの方がいたくらいです。


気候

バナウエでは、田植え時期の1月~2月と収穫期の6月~9月ではその景観が大きく変わります。ベストシーズンは、苗が育ち、気候も安定している3~4月頃。


以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

記事:Bonifacio

※記事の内容に、誤りや変更がありました場合には、コメント欄よりご連絡ください。

ランキング banner (1)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング  
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!

| バナウエ | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンの「ミンダナオ島」とは?

「素朴なフィリピン」ミンダナオ島!!

フィリピンでルソン島に次いで2番目に大きい島。
「マニラ」「セブ」に続き、第3の都市「ダバオ」があるミンダナオ島。
「カガヤン・デ・オロ」にはデルモンテ社の巨大パイナップル農場、「ダバオ」市近郊にも
ドール社による一面のバナナ農場が広がり、フィリピン随一の農場地域でもあります。


ダバオ


世界一行政面積の広い市で、東京23区の約4倍です。
パールファームビーチリゾートや、マルコポーロダバオなどのリゾートホテルもあり、
ビーチでゆっくり、休暇を過ごすこともできます。

1910年代には、アバカ(マニラ麻)栽培のため沖縄県からの移民が増加し、一時期は
1万人以上もの日本人が暮らす日本人街ができましたが、太平洋戦争の影響で、
その数を大きく減らしてしまう。

現在はマニラ、セブに続き在留邦人数が多く、約800名在留邦人がいます。


フィリピン・イーグル・ファウンデーション

ミンダナオ島周辺に生息する絶滅危機にある動物を保護・研究する施設です。
フィリピンイーグルはフィリピンの国鳥としても定められており、全長86-102cmになります。
ダバオ市街からは車で約1時間です。

Philippine eagle


サンボアンガ

「ミンダナオの誇り」、「美しいサンボアンガ」などの異名があり、古くからスペインの植民都市で
あり、スペイン文化の残像がいたるところに濃く残っており、「アジアのラテン都市」とも言われています。


カガヤンデオロ

カガヤン・デ・オロは農産物加工の中心都市で、デルモンテ社などの拠点があります。
また北ミンダナオ地方の教育の中心でもあり、州立の総合大学や単科大学、各種専門学校が
多数集中しています。
 

渡航情報(危険情報)


外務省の海外安全ホームページでは下記注意喚起が出されており、ミンダナオ島地域は、
「渡航の延期をお勧めします。」もしくは「渡航の是非を検討してください。」に指定されており
まだまだ、治安的には安定していない地域になります。

カガヤンデオロ市内における爆発事件の発生に伴う注意喚起
南部ミンダナオ島ザンボアンガ地域における外国人誘拐脅威情報に関する注意喚起
南部ミンダナオ地方の治安情勢に関する注意喚起


気候

毎年フィリピン各地を襲う台風も、ミンダナオには滅多に来ることがありません。
1年を通して温暖な気候が続き、雨量は比較的多いですが、雨が降る続くことはあまりありません。


以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

記事:Bonifacio

※記事の内容に、誤りや変更がありました場合には、コメント欄よりご連絡ください。

ランキング banner (1)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング  
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!

| ミンダナオ島 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンの『パラワン島』とは?

「フィリピン最後の秘境」パラワン島!!

アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』による島部門の評価では

2013年1位!(ボラカイ島を押さえての堂々1位です。)

現在もっとも注目されているパラワンの紹介です。


パラワンといってもかなり広いエリアを示す形になり、フィリピンで最も大きい州になります。

州都プエルトプリンセサを中心としたパラワン島、
世界のセレブが、お忍びで通うほどの高級リゾートアマンプロ、
フィリピンを代表するプライベートアイランドリゾート、エルニド、クラブパラダイス、
アフリカの動物が放し飼いになっているカラウィット島となどがあります。

プエルト・プリンセサ地下河川国立公園(アンダーグラウンドリバー)


洞窟の下を流れる川で、世界最大、最長規模で全長、8.2kmです。
世界遺産にも認定されております。また近年に新世界7不思議の自然版のひとつとしても
選出され、多くの観光客が訪れるスポットとなっております。

プエルトプリンセサと名前が付いておりますが、実際はサバンにあり、プエルトプリンセサ
からは車で片道約3時間かかります。アンダーグラウンドリバーへはボートで入り中を見学
することができますが、事前に予約が必要になります。近年は込み合っているようで、
予約が取りずらい時期もありますので、事前に旅行会社などを通して予約されることを
お勧め致します。

Puerto Princes Underground River, Palawan


ホンダベイ

アイランドホッピングツアーで訪れる綺麗なビーチです。
各社のツアーによって違いがあるようですが、2つから3つの島を訪れるツアーが多いようです。
珊瑚はすくないようですが、水が綺麗でシュノーケリングが楽しめます。
ちなみに車メーカーのホンダとは特に関係はなく、たまたま同じ名前になったようです。


アマンプロ

パマリカン島にるフィリピン最高級のプライベートリゾート。世界各地にて小規模な高級リゾ
ートを運営しているアマンリゾーツによるサービスは定評があり、多くのリピーターを獲得して
おります。
全長2.4km、幅500メートルの小島は白砂のビーチとサンゴ礁に囲まれています。


エルニド

こちらもプライベートアイランドリゾート。
ミニロック、ラゲン、アプリット、パングラシアンと4つのプライベートアイランドリゾートを運営
しております。スタッフのサービスにも定評があり、人気の高いリゾートです。

 elnido2.jpg

カラウィット島


マルコス大統領時代1976年にアフリカのケニアから連れて来られた野生生物が放し飼いに
されています。

キリン、シマウマ、鹿、ガゼル等、100種類以上の野生動物、200種類以上の野鳥が生息し
ています。島内には肉食獣がいないためか、動物たちを近くで見学することができます。
キリンに餌やりなどもできます。

Calauit Island1  


気候


パラワン島を南北に走る山脈を境に東西で大きく気候が違います。
西側は、雨季(6月~10月くらい)と乾季(11月~5月)とはっきり分かれる気候です。
東側は明確な雨季と乾期の別れはなく、1月~3月ごろに乾期が訪れる位で、年間を通しても雨が降り続くことはありません。


以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

記事:Bonifacio

※記事の内容に、誤りや変更がありました場合には、コメント欄よりご連絡ください。

ランキング banner (1)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング  
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!

| パラワン島 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピンの『ボホール島』とは?

ビーチ+観光が楽しめるボホール島!!

日本ではまだそれほどメジャーではないボホール。

セブからフェリーを使っての日帰り観光も人気です。
メインのリゾート地はパングラオ島のホワイトビーチ、近年リゾート開発も進んでいます。
フィリピン国内でも有数の観光地を持つボホールの魅力を紹介したいと思います。


世界最少のメガネザル「ターシャ」

ボホール島でしか見ることのできない世界最小のメガネザル。体重は120g、
体長20~30cmと手乗りサイズ。保護センターでは、間近で観察することができます。

夜行性のため昼間はあまり動きませんが、小さい体に大きな目がとても印象的です。
またとてもストレスに弱く、過度のストレスを感じると自殺?してしまうとのことで、
それもボホールでしか生息していない理由のひとつのようです。

またフラッシュを使っての写真撮影は厳禁です!

philippine tarsier


チョコレートヒル

ホール島のほぼ中央部にあり、円錐型の丘が、周囲一帯に約1000個、延々と連なって
おり、展望台から見る景色は壮観です。

チョコレート・ヒルという名前の由来は、丘を覆う緑の草が4~6月の乾期にチョコレート・
ブラウンに変わるためです。ただ気候によっては、ほとんどチョコレート色にならない年も
あるようです。どうやってチョコレートヒルができたのかはいまだ解明されていないようです。

Chocolate Hills, Bohol


ドルフィンウォッチング

午前中の早い時間でしか見れないため、出発は早いですが、ドルフィンウォッチングが
できます。バンガーボート(定員6名~8名くらい)にのりイルカ探しのクルーズです。

1年を通して、かなりの高い確率で見られるとのことですが、ごくたまに見られない場合
もあるようです。運がよければイルカが船と並走してくれて、間近で見ることもできます。
また3月~6月にかけて、さらに運が良い方はクジラも見ることができるようです。


交通

マニラからの便も安定しており、マニラから飛行機を使って日帰り観光なんてことも可能。

空港を拡張して国際線が発着できるようになるとだいぶ前から言われていますが、
いまだ実現できておりません。他国から直接ボホールへの便が就航すれば、セブの
ように発展するかと思います。


気候

3~5月が天候、風共に安定して最もいい時期です。
12月~1月は雨が多くなりますが、一日中降り続くことは少ないです。
7、8月天候が不安定になり、台風などの影響で天候が荒れることがあります。
また雨季ではあるが、9-11月は風が少なく穏やかな日が多い。年平均気温は約27度。

以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

記事:Bonifacio

※記事の内容に、誤りや変更がありました場合には、コメント欄よりご連絡ください。

ランキング banner (1)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング  
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!

| ボホール島 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。