I Love Philippines / アイ・ラブ・フィリピン フィリピン総合情報サイト

『フィリピンの"知りたい"情報が全てここにある』 をコンセプトに、フィリピンの情報を発信するフィリピン総合情報サイトです。

HFKpWJUcIxmv_fP1375770678_1375771587.jpg

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

H8KDvr9Mtll1agw1377927207_1377927708.png

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来てしまいましたネグロス島。。たーちゃんの日常

104978たーちゃんバナー
(↑バナークリックで、『たーちゃんのド田舎暮らし』カテゴリーへ)


やって来ましたネグロス島。 聞きしに勝る ど田舎です。

マニラから船に揺られて11時間。 船から降りるときは戦場かと思いました。



1049792761241.jpg

CIMG2063.jpg



荷物担ぎのポーターが接岸と同時に船内を駆けまわって担げる荷物を探します。

気の弱い人ならいきなり荷物を奪われてしまいそうな雰囲気です。



CIMG1428.jpg



そこから嫁の実家まで 路線バスを乗り継いで移動 6時間。

バスに乗るまでがまた大変。
小さいジープに屋根まで荷物を満載して 傾きながらなんとかバスターミナルまで。



CIMG1564.jpg



どのバスに乗るの?
嫁が指差す先には鈴なりになって立錐の余地もないバスが止まってます。

「これで子供つれて6時間は無理だな~~。」

嫁も一瞬で私の考えを理解したようです。

その後ろにある行き先も書いていないバスにとりあえず荷物を放り込み始めます。
作戦成功で何とか座席を確保出来ました。

それから6時間。

ついた先は真っ暗。
ここに人が住んでるのかよって感じのところ。

バス停なんかないし、どうしてここで降りるのがわかったのかほんとうに不思議。
男兄弟が数人 そこまで迎えに来てました。

懐中電灯で足元を照らされてどこに行くのかわからないけど、とりあえず「もう少しだよ。」
その言葉だけを信じて重い荷物をかついで一生懸命に歩きました。

歩くこと10数分、小高い丘を登りきって ついた先が実家でした。

真っ暗な中に 小屋が・・・・


CIMG1529.jpg

1049803411266.jpg


これからここに住むんだな。

ネグロス島のど田舎生活が始まりました。


CIMG1554.jpg



■:たーちゃんのプロフィール
東京都出身の40代男性。ネグロス出身のフィリピーナ奥様と結婚し8年目。
2人の子宝に恵まれる。
現在地:ネグロス島 ネグロス オキシデンタル

家庭の事情により、長年暮らしたフィリピンの大都会 マニラ を離れ
いきなりド田舎の ネグロス島 に住まなければいけなくなった たーちゃん。

水道も通らぬ山の中の小屋で、嫁さん家族との暮らし。
一番近くのサリサリへ行くにもトライシクルで30分
スーパーを求めればバスで4時間。

この環境で、日本人が生活していける物なのか・・・
自給生活にほぼ近いフィリピンのど田舎ネグロスの生活を紹介します。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
ブログランキング
ランキングへ参加しています!応援よろしくお願いします!!
関連記事

| たーちゃんのド田舎暮らし | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ilovephilippines.blog.fc2.com/tb.php/1233-25e0acbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。